バラの花びらを食べてみたら。ぜんぜんおいしくないんだけど。

広告



バラは、品種で食用と観賞用の違いはない。

 

ウチの庭にバラが満開なので。

庭に咲いているバラ。バラは食用になるのかな?

調べてみると、バラの花、それ自体は食べられるらしい。

 

食べられるバラと食べられないバラの違い。

 

バラの品種で、食用と観賞用の違いはない。

 

観賞用は、花を綺麗に保つことが第一の目的。

見た目が第一の目的の栽培のため、薬剤や消毒。

植えてある土も、食用としてはふさわしくない状態の可能性。

 

だから食べるのには適していない。

それでもいいなら、食べられるということ。

 

バラの花びらを食べてみた。

 

ウチのバラ、現状は、いい加減な栽培管理。

植えてある庭、バラのまわりの草を刈ることと。

適当に剪定しているだけの栽培とはいえない放任。

 

でも、これなら食べても大丈夫。

健康被害はあるはずはない。

 

なので。

花びらを一枚試食。

いただきます。

食べてみました。

 

ぜんぜん美味しくないんだけど。

 

予想していたバラの素敵な香りと、甘みの絶妙なバランスは、まるでない。

 

花びらをそのまま食べてみると、まったくの予想外。

口に入れて噛んだ瞬間、苦味なのか?

危険を感じて味が、わからないまま、吐き出した。

 

ジャム、コンフィチュールにも使えるらしい。

 

花を乾燥、冷凍などで保存して、ジャム、コンフィチュールにもやはり使えるらしい。

美味しいのは、花が開く直前、気温が上がる前の明け方、という情報もある。

 

そのまま食べて美味しくないものが。

砂糖などを足して煮詰めて美味しくなるのか?は疑問。

テストはしてみるつもり。

 

バラは挿し木で増えるのか?

 

バラの栽培方法、増やし方。

先日チラッとみた本には、挿し木の方法が載っていなかったのでできないのかも。

 

もし、バラを挿し木で増やせるなら。

ウチの自然栽培の畑にバラを、点在させて植える。

食用と観賞用をあわせ持つローズガーデンもいい。

 

食用としてはもちろん、観賞用の空間。

空間としてもイメージ、デザインした無肥料、無農薬の自然栽培の畑を作りたい。

 

ワイナリーに、ぶどうの樹以外に、バラが植えてあった。その理由。

 

バラを見ていて思い出したこと。

以前行ったことのあるワイナリーで。

そこには、ぶどうの樹以外に、バラが植えてあった。

 

その理由。

バラは、病気に敏感。

バラの状態で、ブドウの樹が異変、病気になる前に対処できるという話。

それだけバラは、ナイーブな植物なのかな。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。