うまくいかないローズマリーの栽培。再びやってみることにする。

広告



ローズマリーの栽培。

 

うまく育たない作物の一つ。

ローズマリー。

「肥料をやらないから自然栽培だから育たない」のではなくて。

 

以前、住んでいた埼玉県では。

庭の地植え、畑でも普通に大きな株に育っていた。

それを移植したり、挿し木でも増えた。

 

耐寒性の高いローズマリーの品種を入手して栽培テスト。

 

ローズマリーがうまく育たないのは。

おそらく、城里町の気候のせい。

耐寒性の低いハーブではないはずなのだけど、結果は全滅。

 

寒さに耐えられないのだろうという予想をして。

昨年は、耐寒性の高い品種を入手。

畑で栽培テストをしたものの。

今年も全滅。

 

4年間ほど、ローズマリーのない生活。

 

ローズマリーはお気に入り、好きなハーブの一つ。

栽培容易、簡単なはずなのに、自分で育てられない。

このハーブは欲しい、必要だし。

育たない原因を探る必要がある。

 

そういうわけで、もう一度ローズマリーの栽培をやってみる。

 

逆輸入。

 

過去に挿し木で増やして実家に渡したローズマリーが1株。

そこから枝をもらってきた。

 

 

発根させて栽培テスト。

今回は、どうしても寒い日には。

暖かい場所に移動できるように、鉢植えでの栽培もテストしてみる。

 

耕作放棄地、余っている土地がたくさんあって栽培容易。

そんなローズマリーをある程度の規模、株数で栽培。

精油、エッセンシャルオイルを抽出したいと思ってた。

需要はそんなにないと思うけどね。

 

広告