摘果の技術も勉強しなくてはいけない。

広告



美味しさの追求。収量が多ければいいというわけではない。

 

果樹栽培で一般的な摘果。

ついた花全てに実をならせずに選別、選定することにより。

食味がよくなる。

 

ブルーベリー栽培も摘果が必要。

 

先日、ツイッターで知った。

ブルーベリーも摘果をやったほうがいいらしい。

でもウチに植えたブルーベリーは、まだ数本しかないので。

だから、まずは食味、味よりも収穫量が欲しい。

 

そして、その摘果の知識、技術は持っていないので。

これから勉強しなければいけないと思う。

 

でも、この分野はAIが活躍、活用されているらしい。

もしかしたらもう、機械まかせでもいいのかも。

 

「お米は、収穫量が多いと食味が落ちる。」

 

近所の人との話。

田んぼの収量と食味の関係。

「収穫量が多いと食味が落ちる気がする。」

この関係は、本当かはわからないけど。

そんな話を聞いて。

摘果の必要性を感じた。

 

トマトの栽培でも摘果すればより美味しいかも。

 

もしかしたら、房でなる野菜、トマト。

トマトの栽培でも摘果すれば。

よりいい実がなるのかも。

 

たぶんそんな研究はされているはず。

トマトに関しては、手間の問題もあるので。

ウチでは実際できないだろうけど。

 

挿し木したブルーベリー。

 

鹿沼土に挿し木しておいたブルーベリー。

 

 

とりあえず数本。

葉が出ています。

 

何回か経験したことにより少し上達。

確率は上がっている。

でもまだ、この挿し木の技術も未熟。

広告