トラクターでイノシシの防護策を破壊する。

広告



イノシシ防護策のワイヤーメッシュ。

 

 

今のところ。

捕獲したその後、畑付近にイノシシは来ていません。

くくりわな猟。初めてかかったイノシシは、推定80キロ。

 

この柵がイノシシの防除にどの程度の効果をもたらすのか?

もしかしたら、この柵を設置したことで。

すでに効果があらわれているのかもしれない。

 

でも、このワイヤーメッシュの柵は、畑の作業的には、ジャマなもの。

 

防護柵のデメリット。

 

柵をしたことでの不便な点。

 

  • 決まったところからしか畑に入れない。
  • 荷物の運搬等面倒。
  • 柵があることで草刈りの手間が増える、余計に気を使う。
  • そして、トラクターでの耕起作業。

 

トラクターでワイヤーメッシュ。柵を壊してしまいました。

 

 

トラクターの運転が下手。

まだ慣れない。

 

運転が下手なので。

無駄に時間と燃料が減っていく。

重量物を入れることで、畑自体にもダメージがある可能性。

だから、効率的に耕起できるようにテスト。

 

それで今回、新しい技のクイックターンをテスト。やってみた。

 

クイックターンとは。

 

このトラクターには、ブレーキが2つ、ついていて。

右を踏むと右に。

左は左に。

トラクターの回転幅、径が短縮できるらしい。

このことは知っていたのだけど。

実際にはやったことがなかった。

 

右手でアクセル。

 

うちのトラクターは負荷をかけると。

アクセルを踏まないでブレーキをかけると。

エンジンが停止、止まってしまう。

 

乗用車のようにヒールアンドトゥー。

右足でブレーキとアクセルを踏む。

無理でした。

 

だから。

右足でブレーキ。

右手でアクセル。

左手でハンドル。

これで旋回することにした。

 

割と上手くいくので。

調子に乗ってギリギリを攻めた結果。

イノシシが掘った穴にはまって。

柵の角で身動きが取れなくなり。

仕方がないので、柵を犠牲にした。

 

 

今回の件、柵を破壊してわかったこと。

設置した防護策は。

全体で「強度が保てている」ということ。

広告