お客さんに魔法をかける。そしてその呪文。

広告



物を作って売ることや、お店を運営することの難しさ。

 

物が溢れている現代。

 

数ある商品や、たくさんあるお店の中でどうやって自分自身の商品。

自然栽培の食べ物をどう売るべきか?

そして、イベント、お店、その場、に来てもらえるのか?

 

自然栽培農家がマーケティングを学ぶ。

マーケティングの本を読んだり。

マーケティングの後はプレゼンの勉強。

 

自然栽培の野菜は、一般栽培とは明らかに違う食べ物。

 

食に関心のある、感度のいい人には自然栽培の野菜は受けるはずのこの食べ物は。

知らない人たちが大多数。

差別化、メリットはあるとしても。

どうやって知らない人たちに売れば良いのか?

 

その一つの答えは。

商品価値以上の価値、擬似体験。

ある意味、雰囲気、空間で騙す。

お客さんに魔法をかける。

 

お客さんを楽しませること。価値以上の体験を与えること、それが魔法。

 

商品価値以上の体験や、その場で楽しんでもらうこと。

まずは、お客さんが来てくれるまでが第一歩。

楽しませる場、をどう作るかが、魔法。

 

そして、お客さんをどうやったら楽しませて。

商品を買ってもらえるのか。

 

呪文があって魔法もかかる。

 

商品スペックの説明ではいけない文章、POP。

お客さんのメリットを提示する。

目をひく文章、POP。

これが、呪文。

POPも小手先の文ではなく魔法、呪文。

 

呪文があって魔法もかかる。

 

答えは、自分本意ではいけない、ということ。

 

自分自身が自信、信念を持った商品を提供するのが前提。

 

自分なら遊びに行くか?

来てくれた人が楽しんでくれているか?

買うか?を客観視した上で。

自身が真剣に楽しむことができれば成功。

 

町に魔法をかけましょう。

広告