しばらく平穏だった畑に草が生え始める。それと気になる動物の気配。

広告



畑はこれから忙しくなります。

 

日中は、暖かい日もある最近の天気。

 

暑い昨日とは、一変。

今日は、雪がチラついた畑。

午後晴れる予報が、スッキリしない天気。

 

まだ夜間はマイナスの日もあるとはいえ。

そろそろ畑は、本格始動。

 

気温の予報、推移を見極めて。

種まき、育苗をする時期。

 

すでに、スギナやセイタカアワダチソウなどの草が芽生え始めている畑。

 

ツクシはスギナ。

 

 

セイタカアワダチソウ。

 

 

これらのいわゆる雑草。

ツクシは摘んで食べる。

スギナはお茶。

セイタカアワダチソウはお風呂、浴用にする人もいる。

 

でも、これらを積極的に販売、商品として扱うことはしない。

もし、本当に必要な人がいたら考えますが。

 

でも、一般的には使い道はない草。

いわゆる雑草は、作物栽培、畑管理には邪魔な存在。

 

個人的な作物栽培の考え方としては、草はあってもいい。

選択的な植生管理。

 

畑の土を耕起することがいいことなのか?

 

目的とする作物栽培、生育を阻害するとすれば。

それらの草を排除する必要がある。

だから、畑を耕起、うなう。

 

でも、重量物のトラクターを畑に入れる。

走らせることは良い面と悪い面。

両面がある。

 

畑の草を防除、タネをまきやすい状態にする栽培管理。

人間が運転、乗っているだけで広大な土地を耕せるメリット、効果は絶大。

 

その一方のデメリット。

畑の土をそのトラクターの重量。

タイヤで、畑の土を鎮圧。

踏み固めてしまっている点。

 

本当に畑の土を耕起することがいいことなのか?

 

効率と本質の比較。

量を得るための作物栽培、販売を目的とする農業。

職業としてはトラクターでの耕起は必要。

仕方がない。

 

でも、植生管理ができた畑。

田んぼではなくあくまで畑。

栽培の確率の高くなった土地においては。

大型の農業機械は、小型化。

減らしていけるのかも!というイメージ。

 

でも、これは近隣。

近接する土地。

だから自分とは栽培に関して考え方が違う人との折り合いとか。

 

やりたいことを100%やる瞬間的。

そして継続的な時間。

金銭も含め様々な余裕があればイメージ的にはできるかも。

 

この意味での本来の畑作りが出来ないのはこの理由。

いつできるか?

いくらかかるか?

本当にできるのか?

他の人にはわからない、メリットのないこと。

それらは、自分の頭の中にしかないから。

 

そして、イノシシの獣害がなくなった一時期。

 

いなくなったのは。

うちの罠で捕らえたからです。

くくりわな猟。初めてかかったイノシシは、推定80キロ。

この意味でも平穏だった畑の付近。

 

まだ気配だけで。

確信、数日間の痕跡の確認はできていない。

なんとなく獣の気配。

 

なんとなくの違和感と。

においがした。

 

これから本格的に畑が始まるのと。

そして、狩猟期間がもうすぐ終わるこのタイミング。

少しの不安。

広告