買って、食べてもらうための作物栽培。販売、栽培、作付けの計画。

広告



自然栽培の農業を始めた理由は、未知への好奇心。

 

自然栽培の農業を始めたきっかけ。

 

自然栽培に限らず。

農業をやりたいという思い。

実際に行動するきっかけは、人それぞれある。

 

なんで自然栽培、農業を始めたのか?

聞かれても、様々なことが重なる。

キャッチーな、うまい言葉が見つからなかった。

 

  • 自然が好き。
  • 田舎生活へのあこがれ。
  • 美味しいものが食べたい。
  • 会社に勤める生活より、個人で何かをやりたかった。

 

それらの答えが結果的に現状の暮らし。

 

単純に、やってみたかっただけ。

 

新規就農の農業、自然栽培。

世間の常識。

周りの人たちの反応。

人がやっていないことを始めると。

なかなかの逆境。

 

それに対抗できるのは。

自分はできる、と思っている根拠のない自信。

自然栽培で作物を育てる理由は。「好奇心。」

 

行動する興味、モチベーションが何であるのか。

客観的に自身を振り返る、我に返ると。

自分以外がイメージできていない、見えていない景色。

その実際の景色がみたい好奇心。

 

栽培した作物を売って生活する、経営計画。

 

買って、食べてもらって成り立つ農業。

自分の仕事は、育てればいいだけではない。

今シーズン、今年度の作付け計画。

経営計画をたてる。

 

安定して毎年育てられる、栽培の確度が高い可能性。

実績のある野菜、作物は、30種類を超えた。

一般的に売っている野菜のほとんど。

無理、苦手なのは、アブラナ科と大豆、南国の作物。

これら以外は、自然栽培で成功している。

 

現状使える農地での作付け、栽培、販売計画を策定中。

栽培、収穫が可能かというよりも、売れるか?

栽培自体も不確定。

 

収穫、育った野菜をどうやって売るか?

栽培と販売、同時進行で考える必要がありながら。

でも、販売に重点を置く作付け計画にシフト。

だいぶ進歩している。

広告