寒さで電源がつかない「デジタルのはかり」を湯たんぽで温める。コチュジャンを作ってみようとしたのですが。

広告



コチュジャンを作ってみよう。

 

コチュジャンを作ろう。

数年前から同じことを考えていて。

でも結果、唐辛子が食べられない、使えない状態に。

収穫した唐辛子の保存を失敗。

 

現在のところ、昨年収穫して乾燥させた八ツ房とうがらしは無事。

 

なぜか急に今日。

コチュジャンを作ろう!と思い立つ。

 

唐辛子は、実がなっている、枝についている状態で十分赤くなっていないと色が抜ける。

 

一般的に売っている乾燥した唐辛子は、赤い。

唐辛子を干すと、白くなったり、色が抜ける。

その理由は、完熟していないから。

白いのは、そんなに辛くない?

 

コチュジャン作りのレシピでは、唐辛子を30g。

 

夕方に作業を始めると。

デジタルの「はかり」が寒さで、電源がつかない。

これで作業をあきらめる。

今日は、やめた。

 

夜、湯たんぽで温めて、「はかり」の作動確認。

 

 

温めると無事、電源が入る。

唐辛子をはかりに30g分のせてみる。

 

 

赤いのも色が抜けたのも含めて唐辛子を用意。

だいたいで数えると。

乾燥させた唐辛子30gを用意すると、80本程度。

 

うちの唐辛子は小さい品種、八ツ房唐辛子。

昔は、七味唐辛子の原料として使われていたとのことなのですが。

粉にする目的で使う、売るには適していない品種かもしれない。

加工するには、値段が合わない。

 

次シーズン唐辛子の品種選びは、これから考えるとして。

まずは、自家消費用コチュジャンの原料はそろった。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。