「飼い喰い」本のレビュー。読んでいちばんビックリしたのが、知っている人が登場したこと。

広告



読書をして初めての不思議な経験、体験。

 

普段の読書は、未知の体験を擬似経験する感覚。

 

まさに、この「飼い喰い」という本。

読書は、未知の体験を擬似経験する感覚ですね。

 

この本を知る前は考えもしない。

豚を自ら軒先で飼育して、食べる。

 

 

現代の日本で豚を飼うこと。

ペットとしてのミニブタ。

数年前にブーム、流行ったので飼う人はいる、いたのかもしれない。

 

でも、食肉用の豚を自宅で飼うのは、それとは違う。

 

読んだ後、肉の美味しさの話には惹かれるけど。

相当な困難。

飼育するまでの準備、飼うことの難しさだけではなく。

屠畜する、肉にする。

自分はやらない、できない。

 

豚の生態についての記述はそれほど多くはない。

 

内容の感想としては。

もちろん面白いです。

一気に読み進める。

 

飼っていた動物、豚を口にしたときの記述。

その感覚に涙が出たり。

 

これは、約10年前の話。

なにげなく読み進めていたのですが。

途中で、あれっ?

この人はもしかして。

 

一度だけ会って、少しだけしか話はしなかった方ですが。

その後の計画、状況、うまく進んでいるのかな。

 

頂いた名刺を確認。

ほぼ間違いない。

城里町で出会った、この地域に関わっている人です。

 

プロが毛嫌いするような。

でも、こういった挑戦に協力できる人なんだ。

嬉しく思うのと。

まさか、こんなところでつながるとはビックリ。

 

通常、遠い物語、擬似体験である本が。

急に身近なことに感じられる、初めての経験。

 

created by Rinker
¥543 (2020/10/22 00:51:35時点 Amazon調べ-詳細)

広告