低温調理器のanova nano。アノーバがあったらやってみたいこと。

広告



低温調理器のanova。

 

Anova Precision Cooker Nano Bluetooth 4.2 (750 Watts) [並行輸入品]
Anova
 

肉の加熱。

中心部75度1分以上。

食肉としては、いくら新鮮でも絶対必要条件。

これは、積算の温度。

 

低温調理器を使ったレシピ、料理としては。

 

肉のかたまりをしっとり柔らかく仕上げるのが代表的な低温調理。

でも、この低温調理器の使い道としてはそれだけではなく。

魚や野菜にも応用ができる。

 

レシピ本も最近は、拡充、充実。

増えてきましたね。

これは、低温調理に限らず料理好き、オタクに向けた本。

 

値段が下がってきた低温調理器、アノーバ。

 

今では、2万円弱で買える。

新機種のanova nanoを見つけて。

あやうくポチるところでしたが。

そこは、冷静に、踏みとどまる。

 

これがあったら。

  • 代表的な肉、魚や野菜の調理。
  • お酒のお燗、湯煎。
  • ホームブルワリーをはじめとして、発酵を促す温度管理。

 

それらの用途に使ってみたい。

 

Anova Precision Cooker Nano Bluetooth 4.2 (750 Watts) [並行輸入品]
Anova

 

広告