名刺の必要性ってあるのかな?数年前に作るのやめました。

広告



名刺を作る必要、あるのかな?

 

先日、イベント共同出品。

うちは、野菜を出品しました。

 

 

その中で、お客さんの一人が。

自然栽培に対して少しの知識。

興味があるようで、野菜も買ってくれました。

 

「何か連絡先、名刺などがあれば。」

そういわれて。

名刺か。

 

名刺は、社会の中で自分を定義してくれるようなもの。

 

会社員、新入社員だった頃。

会社から、名刺を作ってもらってなんとなく大人になったような。

一応社会人という肩書きをもらったような気がした。

 

会社を辞めて、個人事業主になるということで。

個人で名刺を。

数年前に作ったことはある。

 

名刺は、やはりいらない。

 

名刺という紙、物のやりとりで。

なんとなくの慣習で交流したような。

仲良くなるような錯覚。

 

渡した、もしくは受け取った名刺は。

うまくいけばファイルに入れて管理がされたり。

そのまま放置されるケースもある。

物としては双方いらないはず。

 

土地柄や世代を考慮すると。

名刺など自己紹介をする物。

再度考え直してみたけど。

やっぱりいらない。

 

まず、自分の紹介が『ビリーズマーケット』このブログ。

年代差があるとしても、新しいことに興味があれば。

ネットは多少でも使えるはず。

 

そして、結果的につながっている人たちとは。

顔を見て、会っただけで感覚的なつながり。

慣習的な、名刺のやりとりしていない。

 

だから名刺を持つこと。

作り直すことはしません。

広告