花が咲いてタネをつけても生き残っていたルバーブが。イノシシに襲われる。

広告



ルバーブがピンポイントで掘り起こされている。

 

犯人はあいかわらずイノシシ。

 

 

昨年、数日前までは、ルバーブが獣害にあった記憶はない。

でも植えていたものが去年、ほとんどなくなったのは。

気づいていなかったけど。

もしかしたらこの獣害のせいだったのかもしれない。

 

他の草には見向きもせず。

これだけがピンポイントで掘り起こされていた数本のルバーブを植え直したところ。

翌日の今日、再び襲われていました。

 

丈夫な作物のルバーブ。

茎や上部の葉っぱなら食べられても復活する。

株の成長を第一に、重点と考えて成長の様子をみていた。

 

 

今回イノシシに狙われているのは、ルバーブの根っこ。

植えてあるところだけを狙って根っこごと掘り起こす。

掘り起こした根っこを食べるのが目的らしい。

 

このままでは、全滅の恐れがあるので。

防護柵で囲った畑に移植することにする。

 

ルバーブは茎を食べるものですが。

もしかしたら根っこが。

それ以上に美味しいのかも!

広告