スペックではない商品の説明。相手にどうすれば伝わるのか?を考える。

広告



「どうすれば、売れるのか?―――世界一かんたんな「売れるコンセプト」の見つけ方」読みました。

 

人が物を買う理由、ウォンツとニーズ。

 

欲しくはなくても、買わなくてはいけないものと、その物が本当に必要なもの。

ウォンツとニーズ。

 

 

 

つくりたいものを作るだけでは、売れるものとしては不適格。

 

自然栽培、農業を始めた理由を思い出してみると。

自然栽培の野菜、食べ物が欲しかったというよりは。

(もちろんこれも理由の一つではあったはず。)

 

当時できないといわれていたこの無肥料栽培。

単純にやってみたかった。

商品ができれば差別化。

独自性のメリットはあると思っていたわけです。

 

やってみたいことをやる。

作るだけでは、売れる商品としては不適格。

 

でも、自分のエゴでやりたいことをやることや。

いいものを作って適正な値段をつけて売ることも。

間違いではないはず。

 

世の中では認識がされていない自然栽培の食べ物。どうやって売ればいいのか?

 

自然栽培を知らない人が欲しくなる、買ってもらえるような説明、コンセプト。

専門家の説明、スペックを並べるではなく。

わざわざ買ってくれて、食べる理由、このメリットがどこにあるのか。

考え中。

広告