新規就農者個別相談会の通知が今年も届きました。

広告



新規就農者個別相談会の通知が届きました。

 

昨年書いたこの記事。

新規就農者を対象とした相談会があるらしい。いかないけどね。

 

去年のこの時点と同様。

今でも、自分の取り巻く環境、状況。

相談してもどうにもならない、何もかわらない。

という考えに変わりがない。

別の公の場で話をしても無意味でしたし。

 

農業は、作物を栽培して売るだけではない。

 

普通の人とは、まず農業という概念自体が違う。

この本を読んだらその感覚。

農業をやる理由。

作物を栽培して売るだけではないことが、なんとなく理解してもらえるはず。

 

 

農政に関わる、まずは自分の相談を受ける人たちが。

読んでいてくれたらうれしい本。

賛同や理解をしないにしても。

 

概念的に違う農業に関して。

その理解、認識が共通していない相手に相談しても。

すぐには先へは進まない。

 

でも、あえて今回は相談に行くことに、申し込みをしました。

 

数年間の状況とは違い。

取りまく環境に変化が現れている気がしている。

個人的な相談と情報収集。

 

相手にされなくても。

ひつこくコンタクトをとること。

現状を話しておくだけでも先につながるかもしれないし。

 

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。