狩猟解禁日の前日に。イノシシが自宅敷地内に侵入!

広告



あと数時間で狩猟解禁。

 

初の狩猟シーズンが始まります。

 

 

持っているのは、わなの免許。

くくりわなは、4丁購入 。

 

狩猟は、初めてなので。

必要なもの、ルールを再確認。

 

 

段取りがうまく出来ていなくて準備不足。

わなを誰が設置したのか?を示すための標識を。

これから作らなくてはいけません。

 

解禁日の明日、数時間後の出猟。

わなの設置ができるかが、微妙になってきた。

それは、標識が作れないからではなく。

 

また、大きな問題が発生!

 

畑の獣害対策として防護。

家から離れた畑の防護を始めたのですが。

イノシシ対策、防護柵の設置をすこしづつはじめた。

 

今まで出なかった場所、屋敷付近、庭にイノシシが出没!

 

 

昨日の夕方から、夜中までは不在。

帰ってきてから洗濯物を干す。

その時は真っ暗なのでこの様子には気付かず。

 

明るくなってから外を見ると。

様子がおかしい。

洗濯物を干した場所、自分が寝ている部屋から数メートル。

 

 

イノシシは、夕方、夜中、もしくは明け方に来た。

自分が家にいる時間に来ていたとしたらかなりの屈辱。

 

そして、畑が荒らされることよりも。

安全だと思っていた自分の生活圏。

ウチだけではない人家の付近が荒らされる状況の方が、深刻な問題。

 

なお、畑にいるイノシシは、家に来た個体とは違うはず。

 

畑と家は、川と道路に挟まれていて、ここを渡るとは考えられない。

今まで出なかったから、家の裏の山はノーマークでしたが。

この個体こそ、捕獲や対策をしないといけなくなってきた。

 

広告