傷がついた、もしくは形の悪い野菜は、痛みやすいらしい。

広告



野菜の形。見た目が多少悪くても。味は一緒、ではないらしい。

 

自分の中で少しづつ野菜販売の規格を決めていく。

 

曲がったキュウリなど、形の悪い野菜、傷がついたカボチャなど。

 

単に流通の規格に合わないだけ。

見た目は悪くても味は一緒。

そう思っていた。

 

見た目が整っているほうがいい。

 

野菜の形は悪くても。

味は、一つの野菜として全体のバランスが崩れるだけで。

部分的には違わない。

 

でも、日持ちという面で。

形が整っているほうが痛みが少ない、遅い。

 

結果、規格外は加工品として使いたい。

つけ物製造業についてどうやったらできるか検討。

 

外見から見た食べ頃や、商品の良し悪し。

 

見た目がきれいでも。

中身の良し悪しや食べ頃を判断する能力がないことに気づいた。

全部食べてテストするわけにもいかない。

 

 

そういう時はサンプル、テスト商品として。

実家に持ち込み、料理、食べてもらって感想を聞くわけです。

ここが一番信用できる意見を聞ける場所。

自分の舌、味覚の根源でもあるわけなのですから。

広告