葉ネギで。刻み青ネギを試作。

広告



葉ネギが復活してきました。

 

葉ネギは、時期によって、そして個体によって。長さや太さ、重量が変わる。

 

葉ネギの収穫は、根っこごとではなく。

青い部分が大きくなったところを。

都度収穫することにしている。

関東ではあまり馴染みのない、青ネギ。

関西地方ではお好み焼きになど一般的に使われているらしいです。

 

葉ネギの収穫適期は。

 

個体の大小に限らず。

次の葉っぱが芯から出始めて数センチ。

この状態で切る。

今までのところ、これが収穫適期。

 

中心から新しい葉が出てくると、外葉が上部から枯れて行く。

もっと長くしてからと待っていると。

結局、枯れて無駄になる。

 

そのタイミングをうまく見極めて採りたい。

 

そのまま販売するよりも刻んで。

 

収穫したままの状態。

完全にサイズを統一するのは難しい。

おまけに、ネギをパッケージングする、入れる長いビニール袋は、高価。

こんなことで販売価格を上げるのは。

売る側、買う側お互いに無駄。

 

真空シーラーでパッキングするよりも。

カップ状のものにフワッと入れたほうがボリューミー。

見た目、ボリュームの良さでこのほうが売りやすいかな。

 

長いままだと、見た目は普通で地味。

 

以前、長いままで販売をしてみたけど。

反応が今ひとつだったのです。

そういうわけで今回、刻み青ネギを試作。

名前も馴染みの少ない葉ネギより。

わかりやすいイメージで青ねぎ。

 

青ねぎの使い道。

 

そのまま薬味として食べてもいいですが。

まず最初のオススメとして醤油ダレ。

刻んであるこの青ねぎと醤油を合わせるのだけ簡単レシピ。

広告