唐辛子。そんなに辛くない、と思う。

広告



八ツ房とうがらし収穫できます。

 

八ツ房とうがらしの栽培。

 

発芽しました。

 

 

この時から、約5ヶ月経つと。

 

 

完成。

 

昨年の失敗、赤くなりませんでした。

この経験をいかしての今シーズン。

 

種まきから育苗の手間をできるだけ省いてのこの結果は、上出来。

出来すぎ。

もちろん今回も反省点は多々ある。

 

生青唐辛子、赤唐辛子の味見をする。

 

 

基本的にこのまま食べる食べ物ではない。

スパイス、調味料として使うのが本来。

 

生の青唐辛子と赤唐辛子を味見。

両方をそのまま食べてみる。

先っぽを、ほんの少しだけ味見。

 

辛さは、それほどしない。

多少の辛味と、さわやかさ。

 

実は、このとうがらしを味見する前に。

テスト、青ねぎのコチュジャン和え。

これも試作、テスト。

 

 

もともと辛さは強いほう、なれている。

でも、辛いのを食べてから辛いのを味見。

当然、味がわからなくなる。

 

パッと思いつく唐辛子の使い方。

 

家庭で生の唐辛子の使い道。

一つは、ぬか漬け。

風味をつけることと、虫よけになるとか。

 

そういうわけで。

ぬか床に入れてみた。

 

 

うちのぬか床には、虫は発生していないので。

ぬか床の味、風味の変化。

これのテスト。

広告