カボチャを食い散らかす犯人は、やはりイノシシでしたね。

広告



白いカボチャも採れました。

 

表面の、この少しの傷と。

 

 

裏面も、かじられています。

 

 

犯人はわかりました。

やはりイノシシ。

 

カボチャ栽培には、防護策が必須。

 

これはダメージが少ない、いいほう。

同じくらいの大きさに育っていたもう一つは。

下から半分食べられていた。

 

一個を食べて、完食してから次、ではなくて。

食い散らかす。

少しずつかじるらしい。

食べ頃ではないのかもしれない。

 

カボチャもヘタの方よりも。

下部が美味しいのかもね。

 

この品種、白いカボチャは、20センチ程度。

数キロあるのでは。

 

カボチャの自然栽培に関して。

 

今のところ4品種試した中で。

3品種が収穫サイズまで育った。

 

写真は撮っていない、まだ畑にあるオレンジの品種もある。

動物は、色が目立つから食べるわけでもないらしい。

 

前回のこちらは、手のひらサイズ。

 

 

白とかオレンジになる品種は、人間にとっては収穫しやすい。

草の中に埋もれて。

地面に転がっていても目立つ。

 

そして猟期が近づいてくる。

 

狩猟免許を持っていれば。

狩猟、猟ができるわけではない。

税金を払ったり、罠を作る、もしくは、買う費用がかかる。

 

イノシシ被害のある近所、この付近では。

免許を持っているというだけで。

イノシシ、害獣を駆除する、できるだろう。

という期待、理解不足が多々ある。

 

狩猟とは、ある意味特殊な資格、趣味。

免許取得、またはそれに向けて勉強した人ではなければ。

鳥獣保護法の意味が理解できるはずはない。

 

何度か同じことを地域の人に対して説明はしているのだけど。

どちらかといえば、土地を荒らされる憎しみ。

頭で概念、法律が理解できたとしても。

感情が先立つのが現実。

 

自分自身はジレンマ。

 

罠を仕掛ける費用と。

自分の畑を守るための防護策。

どちらに費用をかけるべきなのか?

 

猟期に罠をかけたからといって。

簡単に捕獲できる、そんなに簡単ではない。

 

本来ならば。

捕獲、地域にアピールよりも。

自分の畑を守るのが先。

 

でも。

せっかく免許を取った、持っている。

狩猟、罠をかけてみたい。

この時期、猟期が近づくとその興味が勝る。

とはいえ。

 

数年間、両方できずに指をくわえているわけです。

 

珍しい自然物に関しては、自然保護、乱獲防止の観点からSNSの発信は控える。

 

身近な自然。

SNSで発進したくなる。

それが地域に人を惹きつける魅力にもつながるかもしれない。

でも、これが。

その地域特有の種だとしたら。

乱獲による絶滅につながる可能性もある。

 

自然の、だけではなく動植物とより関わるにつれて。

 

捕獲と保全、栽培、養殖。

どこまで人間が手を出していいものなのか。

そこの線引きをしておきたい。

 

 

子供用の本らしいですが。

到着待ち。

広告