キュウリがフカフカになる。

広告



キュウリの断面。

 

 

写真の下の2つはもうダメ。

 

収穫してから数日。

ヘタに近い方から。

水分が抜けるのだろう。

 

長期間ではなく。

数日でこの状態。

水分が抜けたスポンジのようになる。

 

このスポンジ、フカフカ状態になると。

この部分はもうだめ。

 

いろいろ調理は試したのだけど。

食感、味は悪いまま復活しない。

 

全部がダメになるわけでは。

 

もともと水分の少ない。

ヘタに近い半分くらいがスポンジ状になる。

タネのある水分の多いほうは問題なく、美味しく食べられる。

採ったその日、その瞬間に食卓へ直結できればいいのだけど。

 

現在のところ加工販売はできないので。

ほんの少しだけ鮮度保持。

水分を保てる保存方法を考えなくてはいけない。

 

キュウリは、レパートリーとしては必要、でも。

 

キュウリは、美味しい夏野菜だけど。

保存がきかない野菜、作物は流通目的。

不特定多数のお客さんへの商売としての栽培は避けたい。

 

もしかしたらこれは固定種、この品種。

そのデメリットなのかも?

広告