Kindleでウズラの本(洋書)を読んでいます。そして、電子書籍Kindleのすごさがわかる。

広告



ペット用、愛玩用ではないウズラ飼育に関する本。

 

 

created by Rinker
¥1,250 (2020/09/25 08:51:43時点 Amazon調べ-詳細)

 

家禽、家畜としてのウズラの飼育についての参考書。

Kindle版で購入。

ウズラの飼育について勉強するため。

少しづつ読み進めています。

 

created by Rinker
¥1,250 (2020/09/25 08:51:43時点 Amazon調べ-詳細)

 

洋書、英語なので。

読み進めるのは、少し時間がかかっている。

それと、読んだ解釈、翻訳があっているのか。

多少の不安はある。

 

ただ、この本。

英語でも、そんなに難しいことが書いてはいない。

読みやすい。

とはいえ専門用語、知らない単語はたくさん出てくる。

 

そして、Kindle、電子書籍のすごさがわかる。

 

紙の本、本。

昔だったら、わからない単語は辞書を引き。

都度調べる、という作業。

 

kindleはわからない単語を長押し。

すると翻訳画面が出てくる。

 

cozyは、居心地のいい。

 

Cuttlefishは、イカ。

 

昔は、辞書を引くことが良しとされていた時代。

目的以外の単語や文章などを目にすること。

これが勉強だと。

 

その時代も経験してのこのkindle。

翻訳を使ってみると。

「最短時間で知りたいことがわかる」というメリット。

 

時間を持て余している暇な人はいいけど。

辞書を引くのは時間の無駄。

 

鳥はなぜかボレー粉、骨が好き。

 

ウズラが干したイカ、骨が好きなのは。

完全に自然の摂理に反している。

 

本来自然の鳥は、別のところでカルシウム分を摂取しているのだろうし。

摂取した栄養分が。

そのまま鳥自体の健康や卵に反映されるとはおもえない。

 

単純に足し算、引き算ではない。

 

持論(飼っていたヤギを見て)。

そしてサヨナラをしました。

 

生き物が口にしたもの。

例えば、食べたカルシウムが骨になるとか。

油を食べると脂肪がつく。

ありえない。

動的平衡。

 

食べたもの、口にしたものがそれになることはないはず。

このウズラの飼育に関する本を読んでいて。

インプットしたものから摂取、アウトプット。

植物、鳥類、哺乳類との違いがあるのか。

いまのところの疑問点はここ。

広告