どんぶりを割ってしまいました。

広告



どんぶりが割れた。

 

数年間、愛用とまではいかない、使用。

それしかないから使っていた。

 

ちょうどいい大きさ、持ちやすい。

使い勝手がよかった。

豆腐、スープ、ごはんや煮物。

使い回しができた。

 

どんぶりを拭いていると。

手が滑る。

 

落ちていくのがわかる、その時間。

スローモーション、長く感じる。

 

足を出せば、衝撃を抑えられるかな。

フローリングの上にマットが敷いてある。

割れないかも。

いや、割れるな。

 

いろいろ考える余裕、時間があって。

でもなんとなく、なぜか?

どちらかといえば、割れるのを望んだ。

 

そして、やっぱり割れた。

 

割れた瞬間の破片の広がる姿は。

打ち上げ花火を見たような美しさ。

 

季節の変わり目。

何かの節目なのか。

いいものを見た。

広告