ちびっ子相手に本気で挑むトランプの勝負!しかし負ける。

広告



夏休み。実家に遊びに来ているちびっ子たちに会う。

 

ちびっこ達に前回会ったのは、確かお正月。

半年以上ぶり。

の時は、エスボードに乗る。

 

今回はトランプで遊ぶ。

 

 

神経衰弱というトランプのゲーム。

ランダムに伏せてあるカードを2枚づつ開ける。

同じ数字が出れば取れる。

多くとった方が勝ち。

 

大人と、まだ数字も読めない3歳児の対決。

 

最初は手加減しようかと。

しかし、子供は、瞬間的な記憶力が優れているらしい。

真面目にやっても勝てない。

 

もしかしたら透視?

 

すごいのでテスト。

しかし、裏になっているカードの数字。

表が見える、透視しているのではなかった。

だから瞬間的な記憶力。

模様と場所をおぼえているらしい。

 

小さい子の能力。

 

世の中の親が、自らの子供を天才だ!と感じるのは、なるほどと思う。

瞬間的な記憶力だけではなく、不思議な能力を持っているように見える。

 

それらの能力や雰囲気、感覚は何かと引き換えに失う。

ほとんどの人は。

大人になるにつれて型にはまる、教育、社会に適応するため薄れていくのか?

広告