『人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?』本を買いました。

広告



人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

 

この本の著者は、山本一成さん。

最強将棋AIのポナンザの開発者。

 

 

どこからかの情報。

聞くところによると、将棋は強くない?

 

しかし、本を読むとアマチュア五段で十分強いレベル。

 

なんで人間、一流棋士が勝てないほどのソフトを作ることができたのか?

そんな興味と。

プログラミング、Pythonをやってみようと思っていて。

でも、何かその前に、読むべき本。

 

プログラミングをやるモチベーションや、目的意識を持てるはず。

そう勝手に位置づけている本。

 

そして、今までの当たり前なことや、正しいと思われていること。

人工知能、AIは、人間の考え方、意識、生活も変える。

 

農業は人間がやる仕事ではない。

 

仕事としての農業。

すでに、人間がやることではない、と考えている。

どう機械に作業を置き換えていくかは課題。

 

人間が、作物や植物を育てる意味は別のところ。

 

無機質な場所に花を活けたり。

ペットを飼ったりするのと同様。

リラクゼーション、テラピー。

なんとなく自然、生き物に触れたいという本能。

 

 

一部修正しました。

広告