きゅうりの収穫量が上がってきました。すると近所の人が!

広告



きゅうりの収穫量が少し増えてききました。

 

地這のきゅうりなので

草に隠れて。

収穫の見落とし。

大きくなり過ぎ、採り遅れもある。

 

今更ながらどうやって売ろうかな。

 

とりあえず個人の保存食。

販売テストとしても。

酢漬け、ピクルスを作っておく。

 

ピクルスは。

長期保存はできても。

きゅうりの食感が数日で、なくなってしまうのが難点。

 

ピクルスとして、保存はできても。

美味しいのはやはり旬の時期。

 

野菜の旬は、地域の人にも訪れる。

 

ウチのきゅうりが旬をむかえれば。

近所も同じ。

近所の人からビニール袋いっぱいのナスと。

きゅうりのおすそ分け。

 

いろいろと気を使っていただいてありがたいです。

これが、田舎暮らし。

 

地域の経済を循環させること。

 

地域で商品になるものがあれば。

販売ルートを探して。

地域の経済を循環させることもやるべきなのかもしれない。

 

でも、食品、野菜に関してだけは。

自分個人が自然栽培を売りに、そして実践している以上は。

無農薬栽培であったとしても、自分が育てたもの。

その考えとは違う食べ物を売ると行為は。

やらない、できない。

 

そして、なんとなく近所、地域の人たちが漏らす言葉。

これが本音なのかはわからないけど。

困っているだろうこと、その様子は感じる。

 

それが何であるのか?

そのうち書きます。

 

本音、本気なのか。

確信が持てないし。

それを解決するのは、自分ではどうにもならないことだと思っているから。

広告