畑作業をするのに。飲み物を持っていっていないらしい。

広告



これも田舎アルアルでしょうか?

 

『暑さで死ぬことはないんだから。』

 

子供の頃。

『暑さで死ぬことはないんだから。』

そういうことがいわれていた世代。

実際そうだったのかもしれない。

でも今は違う。

我慢の限界は超えている温度。

熱中症で命が危ないことはみんな知っているはず。

 

家から近くの畑だからという意識なのか?

 

近所の数人を見ると。

作業している側に飲料を置いている。

持参している様子がない。

 

テレビ世代の人達、高齢な人達。

熱中症の危険性は分かっているはずなのに。

当事者意識はないのかな?

テレビは、バーチャルな感覚なのかもしれない。

 

側から見ているこっちが怖くなる。

 

そして、その年代の人達が土地を守っている現状。

これも解決できないかもしれない田舎の問題点。

 

ちなみに。

現在の玄関、土間。

 

 

室内の温度は、約25度

 

 

外気温は、21度程度。

広告