イノシシのオイルは皮革製品に使えばいいのか!

広告



全国各地で問題になっている獣害。

 

 

ここ城里町。

ウチでも農地や土地が荒らされて。

さまざまな対策をしなくてはいけない。

 

町内では有害駆除を含め。

昨年あたりから年間を通して、かなりの頭数を捕獲。

捕獲で減ってはいるけど、全体の頭数バランス。

この先、これでも増加するのか減るのか?

 

有効資源としてどう活用するか。

 

土地を荒らす生き物を憎いと考える人もいる。

荒らされて喜ぶひとはもちろんいるはずはない。

せっかくの命は。

食べることをふくめて。

できるだけ有効活用。

どんなことができるのか、模索中。

 

この時期、夏場のイノシシはさすがに食品衛生上。

適切な処理場ができれば別として。

人間が食用とすること。

食べるのは避けられている。

そうなるとほぼ、ゴミとして処分されることになる。

皮を利用するのもかなりの費用、処理に手間もかかる。

なかなか有効利用は難しい。

 

革靴、カバンなどの皮革製品向け。

 

以前、商品にはならないと思っていたイノシシの油のハンドクリーム

ハンドクリームとしては販売はできない。

でも。

 

革靴、カバンなどの皮革製品向け。

クリームとしてなら製品化。

販売は問題ないはず!

 

皮革製品への効果。

テストは必要。

 

靴屋さんとのつながり、ルートでシュークリーム販売。

昔の仲間とコラボできるかな?

 

 

このアイディアはパクリです。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。