農業の難しさのひとつは、土地の暮らしとセットだからです。

広告



農業の難しさ。

 

農業は、技術的な面。

資金的や販売の難しさ。

 

それだけではなく。

田舎の生活、暮らしと密接な関係がある。

 

地域で活動するには。

その地区、土地での信用が必要。

 

最初、田舎は知らない人が地域をうろうろすると警戒されます。

毎日そこで生活していれば、こちらも、周りも慣れるだろうけど。

近隣との付き合いがうまくできるか?がひとつの問題。

 

年に数回の畑作業で。

再び全く知らない土地でうまく振る舞えるか。

これは、実際やってみないとわからない。

だから、持ち主に、畑を使っていいよ。といわれても。

軽くやるとはいえない現実。

 

とはいえ、住んで数年経ったこの城里町以外の田舎暮らしの現実。

田舎暮らしの難しさ。

田舎のしがらみ。

 

田舎は、排他的であるのか?

それとも優しいのか?

知らない地域で身を置く。

無名な自分がどう扱われるのか?

 

再度。

全く知らない地域でも活動するのも。

体験、実験としてもおもしろい。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。