梅の植わっている畑を管理しないか?という話があります。

広告



就農は、ゼロから畑を開墾していくよりも、こういう形が理想。

 

梅が、数10本植わっている畑。

 

その梅が植えてある畑を管理しないか?という話。

今年の収穫は終わったけど。

この畑には少しの柿とゆずもあるらしい。

 

農業、作物の栽培はやはり難易度が高い。

おそらく栽培実績のある作物でも。

場所が変われば同じようには育たない。

作物の選定。

知らない土地で田舎の生活に慣れも必要。

収入が安定するには数年間の時間がかかる。

 

耕作放棄された樹木。

 

今回話があったのは顔見知り、知り合いから。

管理はしている。

今年の収穫は終わったけど。

誰かに譲りたいという梅林、畑。

そこまでの規模ではない感じ。

とはいえ販売するには十分な収穫量がある。

薬も使っていないとのこと。

 

このあたりでは一気に時期の食べものがあふれる。

 

先月書いたこの記事。

田舎にあって都会にないもの。

 

行政レベルではのってこない情報。

引き継ぐという就農が一つの方法。

 

現地を見ていないので決定はまだ。

 

今回の話で問題なのは。

現地を見ていないこと。

住んでいるところとは数十キロの距離らしい。

 

同じ県内ではあるけど。

城里町ではない近隣、別の市町村。

関係人口、地域の交流を増やすのはいいこと。

家もあるようです。

やはり、収穫物を運べる軽トラを入手したのは正解。

 

自分を必要としてくれるところから動く。

 

せっかくの話。

私、個人を信用してくれているのだろう。

まずは現地、現場を確認、みてからだけど、前向きに。

やろうと思っている。

家の近所だと畑を増やすのが、なかなか難しい。

そこに投じる時間、労力はもう後回しでいい。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。