移住者、多地域居住者にとって、田舎は暮らしにくいのかな?

広告



地方への移住、回帰の失敗例。そんな記事をよく目にする。

 

もともと知らない土地で、数年間。

暮らしています。

いわゆる移住者、地域とっては新参者。

 

田舎は、地域と関わらなくてはいけない。

夢のセカンドライフ、ゆったりは難しい。

田舎の暮らしは、のんびりではない。

 

田舎の人は保守的?

 

田舎は、保守的である。とは感じる。

ただこれは住んでる地域、集落のことではなく。

有名地方の小都市が根強い。

 

田舎は、ではなくある年代層が保守的。

ジェネレーションギャップともいえるのか。

 

この集落では、いじわるをされたことがない。

 

住んでいる家、この地域では。

私が、夜働いていて、なんとなく朝は起きないこと。

昼夜逆転の農業をやっていることを。

近所の人は知っていて。

 

朝早く、起こさないように気を使ってくれたり。

いまでも野菜やお酒をもらったり。

 

 

麦の焼酎。

まあ、これは労働の対価ではあるのだけれどね。

 

単純に田舎で、ゆったり過ごそうという移住者とはちがって。

 

農業をやると宣言してここに住み始めた。

開墾、草刈り。

一応の農作業と、畑作業だけではなく、地域活動やその他の実働。

 

見える仕事をしていることが。

田舎の人にとっては安心。

それが、受け入れられている?

一つの判断材料なのかもしれない。

 

田舎、都会に関わらず。

 

新しい、別の価値観を受け入れることができないと滅びる。

田舎、都会関係なく。

保守的な人たちは、たくさんいる。

 

田舎暮らしの失敗例。

原因、要素は「田舎だから」ではない。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。