固定種栽培のメリット。こぼれ種で育っていくということ。いろこい菜。

広告



固定種の種を使った自然栽培。

 

無肥料、農薬などを使わない自然栽培。

農家、農業界では、非常識。

 

それで作物が育つと思った理由は。

固定種という種の存在を知ったから。

実際、作物の生育はそれで間違いないことは実証。

 

昨年育てた、いろこい菜。

 

いろこい菜。

作物の生育としては、いい、生育旺盛な植物。

ただ、とう立ちが早く。

収穫時期は短かったように感じ。

そして、肝心の味が、それほどではなかったので。

今年は栽培するのをやめた。

 

そんな中、こぼれ種。

他の草と競合、そして初収穫。

放任ではなく一応、育つように。

栽培管理、生育状況は様子を見ている。

脇芽を育てる作物のため。

摘芯。

 

そして、味見をしてみた結果。

 

昨年よりも。

味にクセがなくなって食べやすくなっている。

これも固定種の特性なのか?

 

尚、こぼれ種なので。

収穫量はそれほど多くはないはず。

これからが収穫の本番。

 

今後、栽培を継続するかは、これからの判断。

味に、クセがない=食べやすい=使いやすい。

自然栽培で『育てやすい商品レパートリー』としては、いいのかもしれない。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。