汚れたキュウリ。

広告



奥武蔵地場這キュウリ。

 

今年2本目の収穫です。

とりあえず順調に成長している。

これは、一本目の収穫。

 

ウリ科の植物。最初の敵は、ウリハムシ。

 

植え付けた当初は、ウリハムシによるダメージ。

初期生育の影響はあるだろうけど。

この時期に収穫ができるとすれば上出来ですね。

 

汚れたキュウリ。

 

今日の2本目のキュウリ。

実に土がついている。

地這のキュウリだから、ではない。

 

第2の関門。問題は、イノシシ。

 

せっかくここまで育ったキュウリ、作物。

イノシシの仕業です。

 

キュウリに関しては。

茎や葉っぱを多少、かじられるだけ、ならいい。

植えた数株、キュウリの根が、露出、掘られている。

根っこをやられると、作物は枯れてしまう。

 

ただ、全滅はしないだろう。

経験上の予想、予測。

 

足跡をみると、100キロ級らしい。

 

尚、ここにいるイノシシは大きすぎて。

有害駆除、巻狩りでは。

捕獲は難しいそうです。

 

畑をイノシシから自衛する防護柵については。

町から多少の補助があるとしても。

 

農業ってゼロから。自腹、自己負担ですべてをまかわなければいけない業種なのかな?

 

進む方向は変わっていない。

でも、なんだか最近。

やってきたこと。

やり方を間違えている気がする。

農業という業種を特別視していたのかもしれない。

 

そして、ここまで自己を犠牲にする必要性。

追い込んで技術的に確信を持つという点では正解。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。