ねぎキムチを買ってみた。

広告



ねぎキムチ。

 

市販のねぎキムチ買ってみました。

 

 

ねぎキムチは。

 

日本では馴染みのないキムチ。

 

だそうです。

 

ウチの葉ねぎ、青ねぎ。

 

 

これを増産。

栽培量、収穫量を増やして加工品。

商品として面白いものができないか?

 

その一つの勉強、テストとして。

ねぎキムチを買う。

 

漬けるだけではなく発酵させること。

 

キムチっぽい味になるか?と。

葉ねぎをコチュジャンにつけてみたことはあるけど。

漬けるだけでは、物足りなかった。

 

味の深みや、商品の独自性。

発酵させること、が必要なのだろう。

 

市販の『ねぎキムチ』の味。

 

原料には。

いろいろ薬味が入っているようです。

 

 

主役のねぎ。

ねぎ、というよりラッキョウのような。

ねぎというよりニラっぽい。

 

タレは、原料に入っているイワシのエキス。

イワシというより、イカのような魚介の風味を感じる。

 

これだと残念ながら。

リピート購入をするほどではない。

しないな。

広告



2 件のコメント

  • 独自のヤンニョムを作るのです!。
    その生き生きとした葉ネギ、青ネギにまんべんなく塗り込み、適度な日数を置きます。
    想像しただけで、よだれが…。

    • いいアイディア!

      ヤンニョムってキムチの漬けダレですね。

      そういう商品が製品化できないかと思って。

      材料の一部、ニンニクと唐辛子そして青ネギ。

      製品にする収穫量はともかく。

      自家栽培には成功していますので。

      ヤンニョムの試作をしてみます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。