奥武蔵地這きゅうり。今年の収穫。一本目。

広告



奥武蔵地這きゅうり。

 

今年一本目、きゅうりを収穫しました。

自家採種の奥武蔵地這きゅうり。 

 

過去のブログを読み返すと。

毎年同じような内容、初収穫の文章を書いている。

 

ただ、今年は収穫が、例年よりも一週間程度早い。

 

自然栽培と一般の慣行農法のきゅうりの違い。

 

栽培方法の違いで。

たとえ、自然栽培だからといって。

同じきゅうり。

何が違うのだろう?

 

日常的に、食べ比べたり、両方を料理、調理、扱うことがある人は少ない。

 

普段はお店、飲食店で、ウチのではない、一般栽培のきゅうりを扱う。

同じ野菜のきゅうり、そんなに違いはないだろう。

そう思って今日収穫、食べてみた自分の畑のきゅうり。

 

これが、夏の香り。きゅうりの本来の味。

 

試食。

割ったときの香り。

みずみずしさと柔らかさ。

甘み。

へんなエグミもない。

 

塩もみして。

赤しそと葉ネギで和えてみた。

 

 

料理としては、失敗。

薬味は邪魔、いらない。

この時期、まずは、きゅうり本来の味と香りを楽しむ。

 

よけいなことをしない。

素材本来の味を味わう、楽しむ。

これが自然栽培の野菜のおすすめの食べ方。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。