近所ではジャガイモの収穫。それを見てあせった。

広告



ジャガイモの育て方。

 

近所では。

すでにジャガイモの収穫時期らしい。

葉が黄色く枯れ始めている。

 

ウチは。

春の遅霜が怖くて。

近所よりも一ヶ月ほど遅い植え付け。

 

種イモを植える時期。

意図的に、遅らせたのと。

実作業が、間に合わなかったのと。

 

そんな中、近所の人たちがジャガイモを掘り出した。

 

それを見て収穫をしなければ!あせった。

家のジャガイモは、まだ葉や茎は枯れておらず緑色。

状態はまだ収穫期ではないのだけれど。

 

こんなときに役立つのがこのブログ。

過去の栽培状況が、記録として残っている。

 

読み返すと。

ウチがジャガイモを収穫したのは。

あと一ヶ月後の7月中旬。

 

収穫するには、全然まだ早い。

焦る必要もなかったね。

 

軽く掘ってみると。

 

 

小さいジャガイモができてます。

掘った新じゃが。

せっかくなので味見。

 

皮はむきやすい。

水分が多く、味の凝縮感は不足。

ジャガイモ、いもの美味しさとしては、不合格。

新じゃがは、縁起物なのかも。

 

食べるなら。

収穫してから、ある程度、もしくは長期間。

ねかせた方がオススメ。

イモは鮮度より寝かせた方が美味しい。

 

そして、ジャガイモ栽培に関して。

 

昨年書いた記事。

この秘密の栽培記録のとおり。

種イモは、新芽を発芽させるために必要。

その後の生育には影響しない。

 

種イモを植え付けながら。

のびた新芽をちぎり捨て、作業したその芽。

 

その芽にイモがついているのをみると。

昨年の予想が確信になりつつあるとともに。

 

植えたジャガイモ。

イモの出来はどちらがいいかはわからないけど。

植物としての寿命は3ヶ月程度、なのかな?

 

作業や土地の効率化。

 

霜が降りない時期を見極め。

できるだけ早い時期に種イモを植えて、収穫できれば。

その分、前倒しで畑があく。

少ない土地を効率的に使える可能性がある。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。