田舎にあって都会にないもの。

広告



需要と供給、情報のミスマッチ。

 

先日、地域の人がこんなニュアンスのこと言った。

『この時期ブルーベリーはたくさん採れる。でも同時期に直売所にあふれて売れない』

 

旬の時期、地域には同じようなものがたくさん。

実は、物があまっている。

 

でも、地域外に、自分で売る、売りに行く。

そういう感覚はないらしい。

 

田舎に移り住んで感じること。

 

田舎には、都会生活では珍しい、旬の美味しいものがある。

春の山菜もそう。

旬の時期、それらは、現地ではあまっている。

いらないもの、売れない物だと思われている。

 

耕作放棄地には梅や柿。

 

せっかく、そこまで育って実が収穫できる樹木。

再管理して需要のある地域に売りに行く。

 

農業をゼロから始めて作物を生産するより。

既存の、すでに収穫、販売できる可能性が充分にあって。

しかし無駄になっているもの。

これらを活かす政策は、とらないのかね。

 

農業政策、農家の一つの間違いは。

市場におろす概念を維持していること。

自分で売らない。

食べる、使う人と向き合っていない。

 

同じ地域でずっと生活している人には、市場は見えない。

 

現代は、インターネット上で直売できるとはいえ。

消費者と直結、直接コンタクトをとる機会は、田舎にはない。

商品を売るという難しさがあるのは確か。

 

それを手助け、プロデュースしてあげれば。

ある程度、地域経済の循環、地方の疲弊は先延ばしできる。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。