インゲン豆の栽培。ベランダなどでの家庭菜園に向いているかもね。

広告



インゲン豆の栽培。

 

インゲン豆を鹿沼土で、発芽のテストをしました。

 

基本的に、種をまく育苗土は。

数年前に落ち葉で作った、いわゆる腐葉土。

売っているものではない。

 

この腐葉土は、個人的には、かなり貴重な資源。

一度に大量に種をまけないのは、これが一つの理由。

土が足りない。

 

それを解消するため。

市販の土で代用できないか?

 

豆類の種を鹿沼土にまく。

 

本来ならば。

発芽した苗をポットに移して畑に植えるところ。

 

鹿沼土にまいたインゲン豆の種。

発芽率がそれほど良くなく。

この発芽テストは失敗。

 

インゲン豆の栽培もやめようかと思っていて。

育苗箱で発芽したままの鹿沼土に放置状態。

水やりはしていた。

 

 

結果。

花が咲き。

 

 

現在ちびっこインゲン豆。

実がなった。

 

 

栄養分はないとおもわれる鹿沼土で実がなる。

育苗箱の下には防草シート。

防草シートを突き破って根っこが張っている感じではない。

土は浅くてもいいらしい。

 

家庭菜園や、都会のベランダ。

野菜を育ててみたい人には。

鹿沼土を使ってインゲン豆の栽培。

この感じだと、難易度は低く、うまく育つのでは?

ただし、水管理は必要。

 

ちなみに、この鹿沼土は。

新品ではなく、これ以前から挿し木をしたり。

使い回しているこれも年代物。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。