ノコギリ鎌で指をカットする。

広告



ノコギリ鎌で怪我。

 

愛用のノコギリ鎌。

 

 

この鎌は、持つところの木。

柄の部分が、円形でテーパー状になっているお気に入りの鎌。

楕円のものは、個人的には使いずらい。

 

いまだにこれで作業中、軽く怪我をする。

 

軽い切り傷。

今回は、麦の穂を刈っていて。

左手でつかんだ麦の穂。

できるだけ茎を残して穂だけを刈りたい。

左手で調整、鎌をすべらせながら切る。

 

慣れないこと、気が違う方向を向くとこうなる。

 

作業しながらよそ見してた。

もちろんふざけていたわけではない。

 

草に付いている水分などで刃が滑ることがある。

 

ふとした瞬間。

刃が指にあたる感覚。

 

瞬間的には。

左手は刃からよける。

右手は引くのをやめる。

 

でも間に合わない。

軽く切ってしまう。

 

傷口はおさえて血が出ないように。

精神的には何もなかったように振る舞う。

 

傷口は浅いとしても指先の怪我。

 

指は繊細。ある意味センサー。

 

なぜか草を取るのは左手。

右手だとうまくとれない。

普段は親指と人指し指。

 

その左の人指し指が現在負傷中。

 

親指と中指で草取り。

うまくとれないうえに。

神経、変な筋肉を使うらしく。

指だけではなく、腕に相当な違和感。

 

パソコンのキーボード。

このブログを書くのも。

指が気になって、ミスタッチが多い。

 

指を舐めつつ、消毒中。

 

お酒、焼酎を呑みながら。

指を舐めて、消毒。

1日経って、ほぼ痛い感覚はなくなった。

 

先ほど、畑で作業中。

『その鎌、よく切れるね。』

もちろん怪我をしたことは知らない。

皮肉にも、そう声をかけられる。

 

 

引いて切る感覚がある人には。

普通の鎌より引いて切れるノコギリ鎌がオススメ。

作業性は、かなり優れています。

 

広告