つけもの製造業用の施設。店舗を借りようかな。

広告



つけもの製造業。

 

自家栽培の野菜だとしても。

加工して販売するには。

その県、業種により許可申請および専用施設が必要。

 

 

採れた野菜が売れずに捨てていた現状。

 

店舗を借りたり、専用設備にかけられる資金もなく。

でも野菜の加工、試作は重ねてきました。

 

 

加工販売する製品としては、つけもの製造業がふさわしい。

 

製品のブラッシュアップは必要だとしてもレパートリーとして。

茨城県の許可が必要な業種。

その中でもウチで採れる野菜に一番ふさわしい加工商品。

漬け物。

 

 

つけもの製造業がふさわしいと思う。

 

城里町内の現状を考えると。

 

近所には使っていない空いた施設もある。

移動する時間のロスもない。

地域においても、そのほうがいいのかなと勝手に。

だから借りられれば、加工施設は、城里町内。

家の近所にするべきだと思っていた。

 

でも地域には、ちょうどいい大きさや、貸してくれる場所もない。

 

 

 

実は、ここアツマーレで野菜販売しようかと相談に行った。

 

笠間で店舗を借りようかな。

 

住んでいるからといって別に、城里町内でなくてもいい。

笠間までは、移動にそんな時間はかからず。

日常的に笠間は生活圏内。

商売、ビジネスをするなら笠間。

 

家を加工設備にしようと思ったけど。

 

小規模農家、ウチの野菜を漬け物に加工するだけなら。

場所は小さくていい、設備もほとんどいらない。

洗う、切る、容器を煮沸、保存くらいか。

 

野菜以外の原材料。

塩、酢、ビン。

仕入れはそれほどいらない上に、それ自体劣化しない。

保存がきく。

 

基本的には売れ残った野菜なので。

毎日加工しなくてもいい。

 

販売と加工のスペース。

 

つけものを作る許可を受けた施設、設備として場所貸し。

新鮮野菜と、そこで加工した漬け物などを直接販売するスペース、店舗

 

そんなお店を。

急に思いついた。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。