資金調達の手段として。国の補助金や助成金を活用する方法。

広告



農業は個人でやるものではない。

 

農業は、一人で動くことには限界がある。

それ以外のアイディア、実現したいこと。

その景色を見るには余計個人では無理。

これはわかっている。

だから、個人農家、個人事業主から法人成りする検討をしていた。

 

NPOの設立がいいのか。

それとも株式会社もしくは合同会社がいいのか?

 

NPO法人の設立が最適なのかと思い。

調べる、検討すると、その当時書いたことや考えていたことは、少し違うみたい。

NPO法人は、設立の意図、運営の仕方などよくわからない。

未だ、理解ができない。

 

法人成り、一人で株式会社を作るのが正解か?

 

新規就農で知らないところに来て。

事業を軌道にのせるまでは、相当な、かなりの難易度。

農業は、会社組織として手がける事業内容としては。

収益の安定しない、効率の悪い、やらない方がいい分野。

 

自然相手の不確定要素の商品。

作物を1から、ゼロから作って。

商品を作ると同時に。

販売先も開拓。

 

数年ここで過ごして、なんとなく。

育つ、収益の上がる作物の選別。

その道筋が、見えてきている。

 

大規模に同じ作物を効率的に育てる農業もあるけど。

もともとその農業の考えとは違う農法、自然栽培。

この土地ならでは、の特色を活かす。

 

数年間、個人事業主としての立場。

自分の弱点もわかっていて、それを補う方法。

この本に勇気づけられる。

 

 

 

農業に限らず。国は、起業を推進するための政策を多く打ち出している。

 

日本はその他の国に比べて開業率が低い。

  • 根強く残っている、残っていた?終身雇用制の考え方。
  • サラリーマンを増殖することで安定して税金が徴収できたから。
  • いい学校から大企業、家を買って子供を育て、定年。

 

これらの考えで洗脳、浸透されていた時代。

今となっては幻想の人生。

 

現在、経済の活性化のため、国は起業を推進。

 

経済の活性化のため、国は起業を推進、母数を増やす。

政策を多く打ち出している。

株式会社も2006年の会社法の施行により。

一人から設立できて、諸経費の支払いと書類の作成。

設立が身近、容易になった。

設立、開業がやりやすくなったとはいえ。

会社設立の一つの目的は事業の継続と存続。

 

資金調達の手段として、国の補助金や助成金。

 

国のお金の動き。

 

会社の資金調達だけでなく、たとえば、個人の税金の控除。

補助金や助成金は待っていればくるスカウトされるものではなく。

自ら探して(必ずしももらえるものではないとしても)申請するもの。

万人に均等に降りてくるのではなく、知っている人が得をするシステム。

 

もともと、国の補助金や助成金にはマイナスイメージをもっていたのだけど。

元手にして事業を行い、税金を払う。

そのお金という道具を使って経済を動かす。

悪いことというより、適切に使うのであれば、活用。

事業を行う上での手段としては間違えではない。

 

そして、補助金や助成金は。

農業は必ずしも、農林水産省と決まったことではなく。

雇用に関しては、厚生労働省や、経済産業省など。

活用できる予算がそれぞれある。

 

おそらく。

国には動いていない。

うまく活用されていないお金が余っている。

 

 

広告