両親が城里町にやってきた。

広告



埼玉県から茨城県城里町に移住してからもうすぐ3年。

 

初の来客はウチの両親。

4月に書いた『都会から遊びにくる人いないな。』という記事。

 

笠間駅に迎えに行きました。

 

 

車の運転免許は返納。

運転免許を返納した話。

というわけなので、ここまでくる交通手段は。

電車、もしくは秋葉原からの高速バス。

今回は電車。

 

 

ウチから笠間駅までは車で20分ほど。

笠間駅が最寄り駅です。

 

途中でお蕎麦を食べてから。

自宅を案内。

 

何しに来たかというと。

ちらっと見たかったらしい。

おそらく、もっとボロい感じを想像していたのだろうね。

だから数時間の滞在。

布団もないので。

 

庭、家の前の畑、別棟の蔵を見て。

景色や空気を感じて。

どうやら気に入った、写真撮ったりして、楽しそう、嬉しそう。

 

もちろん、住むつもりではなく。

もう少し時間を過ごしていたい。

人間の本能を呼び起こすような。

そういう音や、空気感や景色がここにはある。

 

幼稚園やれば?

 

父親が一言。

『幼稚園やれば?』

小さい子供が生活するのに環境が適していると感じたらしい。

近くに潰れた幼稚園ならあります。

幼稚園買えるかな?

幼稚園なんてやる気はないけどね。

自然環境がよくても、子供が自然を受けれるかは別問題。

 

大人向けの幼稚園というか。

空間を作るイメージ。

自然栽培の畑を主体として、この空間を作りたい。

 

一緒に遊ぶとか、地域のコンシェルジュ。

持っている知識や技術で、時間を売ることはできるかも。

 

例えば。

音楽を聴きたい人にウチのCDで選曲。

本を読みたい、空間を使いたい人には、場所を貸して。

初心者向けならギターやウクレレレッスン。

釣りや魚を買いたい人には、大洗、那珂湊の案内。

山に登りたければ近くに、鶏足山あります。

スマホとかPC関連の設定や、簡単な操作くらいなら教えられる。

美味しいものは、自然栽培の畑。

運がよければイノシシの肉、解体体験。

フィルムモノクロ写真の現像所。

カヌーツーリングは那珂川。

城里町内のオススメスポットだけでなく。

焼き物を見たい人には笠間市だけでなく、栃木県の益子へ(連れて行くだけ)。

栃木県の茂木、那須烏山、空き家barも行動範囲。

 

関係人口を増やす。

 

ひとくくりにされる田舎。

何もないような過疎が進む、中山間地域であって。

特異な気候やこの環境。

民、官関係なく、それぞれ個人の得意なこと。

関係人口を増やすためにできることはたくさんある。

 

帰宅した都会暮らしの親からメール。

 

帰宅した親からメール。

文章が稚拙だなぁと思うとともに。

一番の目的、楽しんでもらいたい対象であった身近な人=両親に喜んでもらうこと。

とりあえず1回はクリア、及第点かな。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。