麦秋。

広告



小麦とライ麦は無肥料栽培で育つ。

 

数年間、場所を変えて試した結果。

小麦の農林61号とライ麦。

肥料も与えず無理なく育つことがわかった。

 

育つであろうことは数年前から確信はしていて。

ただ、テーマとして。

  • 栽培する場所。
  • 収穫から商品にする作業の設備、機械の必要性。
  • そして販売。

 

これらが解決できていない。

 

2年前からこれらは模索していたわけですが。

小麦を脱穀。

小麦はどうしよう。

 

場所と機械があれば、ある程度の収穫量は確保できる。

 

まず土地、設備のどちらかが解決すれば。

その先はなんとかなりそうな気がする。

 

現時点では販売する作物というよりは。

種を採る、採り継ぐ、増やすことを目的としての栽培。

 

麦秋。

 

 

この光景はやはり美しい。

 

景観としてだけでなく、商用、栽培作物。

耕作放棄地に麦をまくのはありだと思う。

もちろん無肥料、自然栽培で。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。