アウトドアでの防虫には、スコーロン素材の服がおすすめ。

広告



自然の中は、気持ち良さと不快感が同居。

 

自然の中の気持ち良さ、もしくは不快感。

 

ここ茨城県城里町の畑は。

都市農業では味わえない自然環境の気持ち良さ。

人工物が見えない。

蛍もいます。

そんな中にある畑。

 

でも、この時期の畑作業は。

気持ちの良さよりも不快感。

それは、都市農業でも地方でも同じ。

 

暑いし、汗でベトベトもするということだけでない。

 

不快な虫の対策。

蚊とブヨ。

いままで大抵の防虫対策。

虫除けスプレー、蚊取り線香やハーブなど。

試してみましたが。

 

屋外での効果は全くなかった。

 

そこで。

 

着る防虫+UVカット・スコーロン。

 

着るだけで防虫のスコーロンの服。

購入したのは約3年前。

着るだけで防虫のスコーロン試してみた。

 

その結果、ものすごい効果。

その当時悩まされていた不快な蚊が。

肌からバリアー。

スコーロンの衣服から離れていく。

 

ただその効果は、どのくらい継続するのか。

メーカーの説明によると。

初期性能で90%以上、洗濯20回後でも80%以上の防虫効果を維持します。

 

3年間この素材の服を着て。

その防虫効果がどこで切れたのか?

検証はしていないけど。

その防虫効果は、感覚的には数ヶ月か数週間。

 

もう、普通に蚊に刺されます。

見た目のバリアーがない。

 

毎日、デイリーユース、プロ向け作業着としては。

その継続的な防虫効果は期待できません。

 

3年使った効果。

 

ただ、UVカットの作業着としては。

外にいるのに色白だということで。

UVはカット効果がある。

 

速乾性に関しても。

通常の衣服より乾きが早いのは実感している。

 

ブヨに対しての効果は。

 

ブヨに対する効果は、検証できていない。

 

都会にはいなかった虫。

防虫効果がある衣服だとしても。

すでにその効果は切れている

 

 

チクっとしたらすでに手遅れ。

小さく赤く血がにじむ。

 

ただ、耐性や身体が慣れたのか、抵抗力。

おおきな腫れや、かゆみもしなくなったのは不思議。

 

外的作用ではなく。

内的、身体が田舎仕様になったようです。

 

このスコーロンの服やアイテムを使う人のおすすめは。

 

防虫効果を期待するなら。

たまにアウトドアに行く人。

ヘビーユーザーではなく。

ライトユーザーとプチユーザー向け。

 

スーパーサイア人になったような感覚は味わえる。

 

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。