農業とブログ運営が似ている。同じように思えてきた。

広告



雑記ブログか特化ブログか。

 

このブログのように。

個人の書きたいことを書いている日記のような雑記ブログ。

アクセス数を増やす、収益を得る、という面においては不利。

 

ブログを書く根本的な目的は収益ではない。

 

身近な人からは『読んでるよ。』

話していないのに自分の考えがある程度。

不特定の人に伝わっているのは、ブログという場のおかげです。

 

自然栽培、農業や作物栽培に関しての検索流入を狙っていたこのブログ。

 

ブログを始めた数年前は、あると思っていたのですが。

農業に関するワードでの検索は、ほぼない。

キーワードプランナーなどのツールでわかる。

 

そんな中、雑多な記事を書いていて。

最近、ある道具の紹介記事。

その道具に関してネット検索すると、このブログがヒットする。

それが、わかった。

 

マイナーな機械、道具なのでニッチ。

大量のアクセスや売り上げには影響がない。

ここからこれに関する記事を増やしたり。

もっとブログっぽくリライトしていく必要があるのだろう。

 

自然栽培での作物栽培。

 

これもいままで数年間。

様々な種類、品種を育ててみて。

何がこの土地に適しているのか?

栽培の難易度など、見分けがなんとなくついてきた。

 

工業的に、単一作物の栽培。

これで勝負するのは、全滅のリスクも大きいのだろうし。

これは本来の自然ではなく。

自分の考えている自然栽培の農業とは違う。

 

ただ、作物栽培、販売して収益を上げる目的であれば。

効率、手間を考えると。

多少、栽培する作物を数種類に絞る方向が正解なのかも。

そのバランスをとりながら。

 

雑記、いろいろなことを試した結果から特化する。

収益を考えるという意味での。 

ブログ運営と農業の共通点。

 

最初から一つのことに特化していたら。

一回で成功しないと終わる。

方向性も見えなかった。

 

雑記から特化へ。

これが個人的にはオススメ。

広告