燃料の携帯缶、ちいさすぎたかも。

広告



買ったマキタの刈払機。

 

 

使ってみたファーストインプレッション

 

この機械の燃料は。

自動車で使うガソリン。

 

草刈りの燃料として使う目的だから。

ある程度のガソリン、燃料の備蓄が必要。

草刈り機のカタログには、タンク容量、燃費が書いていなかった。

 

燃料の携帯缶が必要。

 

揮発性が高いので安全のため。

持ち歩くのにあまり大きくても。

と思っていたので。

買ったのは、YAZAWA 矢澤産業の2.5Lのミニタンク。

 

 

スタンドでガソリン缶に、約2.5L入れてもらった。

草刈り機のタンクを満タンで1時間稼働。

5回ほど燃料を入れて使ってなくなった。

ということは、刈払機のタンク容量は500ミリ程度。

よく手にするペットボトル一本が一時間でなくなる。

 

目に見えないと実感がない。

 

車に乗っていて、燃料がどう消費していくのか?

目に見えない、感じない。

実感がないけれど。

液体燃料の減りの速さ。

 

草刈りに忙しい田舎、この時期は、容量不足。

もっと大きい10Lでもよかったな。

 

 

そして、手で持ち運ぶ必要がないアイテム。

農業といえばこれ!という仲間が。

明日来る予定ですし。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。