樹木の新芽、新緑のシーズンです。結果、泥棒、切られたことによる生育被害。

広告



畑の樹木、苗が何者かに切られた、泥棒されたこと。

 

新芽が出てくる季節になった。

樹木の枝が切られることによって。

どの程度の生育障害、被害があるか?

 

ある程度の判断、その結果。

 

これはあんず。

 

冬の時期に厳しい環境にあるにもかかわらず。

芽がふくらんできた。

 

 

ここよりも条件のいい場所に植わっていたもう一本。

枝を切られたものは、新芽が出ていない。

成長しているのかの判断も現段階ではつかない。

 

そして、ブルーベリー。

 

 

今年の収穫は無理っぽい。

でも、あの場所で育つ、成長をすることはわかった。

 

挿し木で増やす、年数をかけるよりも。

結実まで年数の短縮できる苗を買って植える。

初期投資、お金をかける。

これが収穫までの近道。

 

盗まれる被害にあってはっきりわかったこと。

 

犯人は、枝を盗んで持って行った植物を育てる技術をもっていない。

素人、短絡的、自己中心的。

 

盗んだのは誰であるか?

今のところ手がかりがない。

捕まえても、お金がとれる相手ではない小物。

これに関わっても、時間とお金の無駄。

 

だから、今は、放っておくことにする。

今は。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。