イノシシの肉がビールに化ける。

広告



手に入ったらプレゼントします。

 

そう約束していたイノシシの肉。

先日、イノシシが2頭、家にやってきた。

一人で解体。

 

個体の引き取り、解体はボランティア活動。

 

報酬は肉。

イノシシの肉が手に入るとしても。

それにともなう、時間、作業、手間。

金銭的に考えると、マイナス。

 

とはいえ、今は経験値が必要。

食べられそうな時期(時期はもう終わり)の個体だけは。

勉強の意味もあるので受け入れる方向。

 

イノシシの肉は硬くて臭いというレッテルが貼られてる原因。

 

いろいろな人から話を聞くと、捕獲状況、獲ってからの処理の悪さ。

自分が解体、精肉をしてみて。

イノシシの肉が嫌われる、美味しく食べられる状態ではないことがわかる。

 

撃った弾をかんで歯がヤられたなんていう話。

すでにその箇所は、肉を見てトリミング、捨てるべき。

完全に美味しくない、食べられない。

 

田畑を荒らすけど生き物。

 

田んぼや畑、住居を荒らす害獣だと位置づけられているとしても。

おそらく悪気があるわけではない動物、生き物。

 

ただのゴミとして処分する、捨てるよりは。

まずは身近な人たちに美味しさを伝える。

できるだけ、食べる人を増やしておきたい。

 

だから試食、無償プレゼント。

 

プレゼントするつもりのイノシシの肉が。

エビス、ジョエルロブションのビールと物々交換。

気を使ってもらった申し訳なさ。

 

このビールは、2種類のホップが使ってある。

 

 

なるほど、ホップがきいているとは、こういう味、香りなのか。

でも、泡はそこまでたたない。

日本の、キレだけを求めた感じとは違うビール。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。