やはり泥棒!ブルーベリーの枝が盗まれている。

広告



農作物の盗難の問題。

 

以前から数回、植えた苗木。

枝が切られる被害。

 

数日前にブルーベリーの木を見ると。

数カ所の枝が何か変?

切った覚えがないのに減っている。

 

ブルーベリー。今年は収穫できるだろう。

 

植えて数年が経った。

今年は結実、収穫できそう。

 

そして、そろそろ枝を剪定をする時期。

挿し木で苗木を増やし。

植えたり、余ったら販売。

ブルーベリーの畑を一つ完成させるつもりでした。

 

完成させるつもりでした。

 

今日見ると。

枝が切られてる。

ほとんどの木がやられた。

 

以前と同様。

刃物で切られていて。

盗む気、準備して来てる。

うちの畑が狙われていたということ。

 

枝を切られたので花芽もなくなっているし。

挿し木用にする枝の本数も足りなそう。

収穫もできないのかな。

 

このブルーベリーが植えてあるところは目立つ場所。

自分以外の人間がこの畑にいれば目立つ。

近所の誰かが見ているかもしれない。

 

  • この畑に、ブルーベリーが植えてあること。
  • そして、枝を剪定する時期。

 

であることを知っている人物が犯人。

素人ではないし、もしかしたら身近な人物なのか。

 

犯人は探す。

 

犯人が誰か予想もつかない。

人を怪しむということはしたくない。

 

でも。

犯人探し。

責任は取ってもらう。

 

まだ動物被害の方がいいよね。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。