『フレッツ光回線が安くなりますよ』電話勧誘が実家にかかってきて。

広告



実家に帰省。

夜、ご飯を食べていると電話が。

 

電話なのに、無言。

一方的に話を聞いているウチの親。

フリーズしてる?

知り合いではない相手なのだろうと予想。

 

断片的に聞こえる言葉、返事。

  • どうやら光回線が安くなる。
  • こちら側は何もする必要がない。
  • プロバイダーを解約する手続きをとる。

いったん電話を終えた。

 

なんの電話?

親と話をする。

 

電話の相手が、フレッツ光の回線。

 

『インターネットの料金が安くなる』といっているらしい。

 

内容の理解はしていないとしても。

ちょっとおかしい気がしている様子。

 

電話の相手はNTTではなく。

孫請け会社、代理店。

 

現在、フレッツ光回線を使っている契約者に対して。

おまけにマンションだから。

 

こちら側が契約変更など、何もする必要がなく。

使用料金が安くなるのなら。

メールもしくは文章で安くします連絡がくる。

単純に、NTT(毎月の請求側が)請求金額を値引くはず。

 

プロバイダーを変更することより安くなる内容?

親は、先日ドコモの携帯を買い換えたので。

それと関連しての値引の話なのかな。

(それがあるのか?私はしらないのだけど)

 

よくわからない話なので。

ここは私の出番。

その相手と直接話すことにする!

 

そのつもりで実家から帰宅。

『フレッツ光が安くなりますよ』を検索すると。

もしかしたら、詐欺ではないにせよ。

 

詳細を理解せず、話にのってしまう。

その結果、悪い方向行くケースがあるらしい。

そんなうまい話はないということです。

 

そういえば、同じ内容の勧誘電話。

他でも、固定電話のあるお店にも頻繁にかかってくる。

あると聞いていた。

 

だから必ずしも。

年寄りを狙って。

ということではないかもしれないけど。

 

内容を把握できないのであれば。

 

この類の電話は断るべき。

 

それができる、できているうちは。

子供程度の判断力とか。

高齢化して認知症といわれる症状はないのだろう。

 

ソフトウェア的な解決法。

 

物があるわけではなく。

目には見えない概念的な問題に対処する。

「プログラミングを学ぶ必要性』とはこういうことなのかな。

広告