ウチの親が、自動車運転免許を更新せず。返納という形にすることに決めた。

広告



高齢者の自動車運転の問題。

 

高齢者や若いからといった、年齢に関わらず運転には危険性が伴う。

しかし、高齢者が運転すること。

危険度が増していくのは否定できない。

 

70歳以上になると。

 

免許証の更新には、認知症のテストが行なわれるそうです。

 

これは県、市町村によって違うのかもしれない。

 

そしてウチの親。

クルマがそこまで必要のない都市部に住んでいる。

交通網が発達した地域。

だからそこまで自動車を維持する必要性がなかった。

免許がなくても身分証明書に代わるものがあるのだろうし。

 

数年前から。

一番は安全性の面から。

『運転はもうやめれば?』と話をしていたわけです。

 

そして今回。

運転免許の更新時期が来るタイミング。

免許の返納。

車を手放すことに決まりました。

 

このクルマ。

売れないだろうから、廃車にする方向。

車検は1年くらい残っている。

 

欲しい人にあげてもいいけど。

書類の手続きや、その他費用が多少かかるし。

年式も古いから処分。

 

長いこと実家にあったクルマがなくなる寂しさよりも。

 

親が、高齢になっていく姿。

(同時に自分も歳をとっているわけだけど)。

それがなんかね。

 

城里町は、デマンドタクシーがある。

 

都会と違い、代替の交通網がない田舎では。

そう簡単に免許を手放すわけにはいかない。

買い物やどこかに用事ならデマンドタクシーが使えるようですが。

ウーバーの導入も、スマホを使えない年代には役に立たないだろう。

 

そして、たとえ数年後、自動運転が発達しても

田畑に行くには軽トラ。

ここはまだ人間の運転が必要な領域。

広告